「安定的な資産形成・資産承継を実現するための取組方針」及び取組状況
「お客さま本位」(フィデューシャリー・デューティー)の徹底

2019年6月14日
2021年4月1日改定
北洋証券株式会社

 北洋証券は、北洋銀行グループの一員として、お客さま本位の業務運営の徹底に向け、「安定的な資産形成・資産承継を実現するための取組方針」を策定し、6つの方針に基づき具体的な取り組みを実践してまいりました。
 2020年度の取組状況について、金融庁の定める比較可能な共通KPIの結果とともに報告いたします。

【取組方針1】お客さま本位に徹したコンサルティングの実践

<具体的取組>

(1)お客さまの安定的資産形成の実現につながる投資手法をご提案し、お客さまの多様なニーズにお応えするため、商品ラインナップを拡充してまいります。

(2)お客さまの長期的・安定的な資産形成の実現に向け、各種の積立機能等を活用し、長期分散投資の普及を図ってまいります。

(3)金融に関する資格取得を推奨する等、金融のプロとしての自覚・意識醸成の向上を図ってまいります。

取組状況

(1)お客さまのライフプランに基づいた資産運用をお手伝いするツールやコンテンツをホームページ上で提供しております。

(2)お客さまの安定的な資産形成の実現を図るため、当社が取扱う投資信託について複数の外部機関を用いスコアリング・評価し、お客さまへご案内する取り組みを継続しております。

(3)2021年1月より投資一任運用サービス「北洋証券ファンドラップ・ON COMPASS+」を開始し、長期・分散・積立投資によるお客さまのライフプランの実現に向けた資産運用にお応えしております。

(4)法定必須資格のほか、ファイナンシャルプランナー、コンプライアンス関係オフィサー等、営業、管理に係る所要の資格取得を奨励しているほか、個別商品に係る外部研修や内部勉強会の実施を通じて、営業員の説明品質と提案力の向上に努めております。

【取組方針2】お客さまの利益を第一とした管理体制の強化

<具体的取組>

(1)お客さまと弊社の利益相反管理につきましては、商品導入時等における手数料水準、取引条件等について、商品選定・販売部門とは独立した管理統括部署(コンプライアンス部等)が適切性を検証しております。

(2)お客さまの多様なニーズにお応えするため、当社で取扱いのない商品については、グループ会社等をご紹介する場合があります。その際は、お客さまからご紹介等にかかる同意を事前にいただいております。

取組状況

(1)お客さま本位の弊害となる利益相反管理態勢につきましては、金融商品の取扱い、お取引に係る利益相反の有無、内容を適切に把握・管理するため、「利益相反管理基本方針」、「利益相反管理マニュアル」を制定し、利益相反管理統括部門(コンプライアンス部)等が手数料の水準、取引条件等について、適切性を検討・確認しております。

(2)当社で取扱いのない商品につきまして、北洋銀行グループ会社等をご紹介する場合は、関係管理規程に基づき、ご紹介先に係る取引内容等を事前にご説明、同意書を申し受け、利益相反管理を行っております。

【取組方針3】手数料の分かりやすい説明

<具体的取組>
  • 各種手数料にかかる考え方を明確にし、役務内容や申受け理由等を分かりやすい資料により丁寧にご説明してまいります。

取組状況

(1)投資信託においては「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」等を使用し、お客さまにご負担いただく各種手数料、役務内容等についてご説明しております。

(2)また、お取引に関するリスクや手数料、その他お取引に関する情報をホームページ上に掲載したほか、「リスク・手数料等説明ページのご案内」リーフレットを作成・交付し適宜適切な情報提供に努めております。

【取組方針4】重要な情報の分かりやすい提供

<具体的取組>

(1)お客さまにご提案する際に使用するご説明資料について、より分かりやすくなるよう継続的に見直してまいります。

(2)お客さまの投資判断に必要な情報を、ホームページ等を活用しご提供してまいります。

(3)お客さまに分かりやすい資産運用提案ツールの充実を図ってまいります。

取組状況

(1)お客さまの投資判断に必要なマーケットレポート等の充実に取り組んでいるほか、株式ポートフォリオ分析ツールやタブレットを活用した資産運用提案ツールの導入により、お客さま御一人御一人に合った最適なアドバイスに努めております。

(2)ホームページ上に「上場有価証券等書面」、「契約締結前交付書面」を掲載し、お客さまが容易に書面内容を参照できる態勢としたほか、「リスク・手数料等説明ページ」を配置し、商品毎のリスクなど、重要な情報の分かりやすい提供に取り組んでおります。

【取組方針5】お客さまに寄りそったサービスの提供

<具体的取組>

(1)お客さまにふさわしい適切なご提案を行うため、商品選定、取扱い後のモニタリングなどの管理態勢の充実を図ってまいります。

(2)投資・金融知識の向上に役立つための、ライフステージに応じた「お客さまセミナー」の開催、パソコンやスマートフォン等インターネットを活用した情報提供の充実を図ってまいります。

(3)お客さまの日常・お時間に合わせた対応を図るため、投資チャネル等の多様化を図ってまいります。

取組状況

(1)お客さまに対する勧誘基準、属性に応じたガイドラインの制定、検証に加え、新商品の組成、審査につきましては、リスクの洗い出し、ご提案想定のお客さまの審査を実施し、取扱い後は、苦情等の有無、市況、損益、時価変動等、お客さま全先に係る日次、月次モニタリングを実施し適切性を補完しております。

(2)北海道新聞社主催「第三回道新資産運用フェア」に北洋銀行グループとして参加したほか、各種コンテンツを活用し、ホームページ上、資産運用に係る情報提供に努めております。

(3)新型コロナウィルスの感染拡大を受け、ご面談を含むお客さま対応は、お客さまのご要望を最優先しているほか、オンラインサービスの拡充に努めております。

【取組方針6】お客さま本位を実践するための体制構築

<具体的取組>

(1)「お客さま本位」の業務運営の浸透に向け、法令諸規則の改定への即応等、適時の態勢整備を図るほか、周知徹底、検証態勢の充実を図ってまいります。

(2)外部評価等を活用して、定着度合やお客さま満足度を把握し、評価体系や研修内容へ反映させてまいります。

取組状況

(1)関係法規の改正による契約締結前交付書面の電子化対応に併せ、重要情報シート(金融事業者編)を全てのお客さまを対象に交付を開始したほか、職員向け研修において、フィデューシャリー・デューティーの定着を目的とした啓蒙活動を継続、実施しております。

(2)外部評価機関(株式会社格付投資情報センター)による顧客本位の投資信託販売会社評価において格付「A」を取得しました。

成果指標(KPI)はこちらをご覧ください。

以上