投資信託

投資信託情報

お客さまのニーズに合わせて様々なファンドを取り揃えております。

  • 投資信託のご注文にあたっては、担当者までご連絡ください。
  • 投資信託のお取引にあたり、銘柄ごとに設定された購入時手数料および信託報酬等の諸経費をご負担いただきます。
  • 「北洋証券オンラインサービス」によるご注文の場合は、購入時手数料(お申込み手数料)が10%OFFとなります。

投資信託評価を実施しています

  • 北洋証券は、お客さまの資産形成を支援し、お客さまの資産状況、取引経験、金融知識および取引目的・ニーズに合ったファンドをご案内するために、新規ファンド導入時、ならびに定期的に、「ファンド評価」を実施しています。
  • 北洋証券の「ファンド評価」について、その方法や考え方をご紹介いたします。

新規ファンド選定プロセスにおける評価

北洋証券がファンドを新規導入する際は、多数ある国内のファンドを資産カテゴリ毎に分類し、純資産比較・パフォーマンス分析等による「定量評価」を行ない、さらに、運用体制・運用プロセス・情報開示等に関する「定性評価」を実施して、導入候補を絞り込んでいます。評価にあたっては、複数の「投信評価会社」の評価データを活用するほか、運用会社から提供を受ける資料の精査・ヒアリング等を実施しています。

ファンドの継続的なモニタリングにおける評価

北洋証券では、年2回、取扱い中のファンドについて、新規導入ファンド選定時と同様の定量評価と定性評価を実施し、引き続きお客さまの資産形成に資する商品かどうかを検証しています。
この検証結果は、当社が提供する商品の質を保つ取組みに活用しています。

~ パフォーマンス等による定量評価とともに、定性評価も重視しています ~

北洋証券では、ファンドが優れたパフォーマンスを継続するためには「運用会社の強固なビジネス基盤」、「運用力を持続させるチーム体制」、「明快な投資哲学や継続性のある運用プロセス」等が不可欠であるとの考えのもと、定性評価も重視しています。

定量評価

定量評価では、以下の項目を主に確認し、過去のパフォーマンス等を分析しています。

定性評価

定性評価では、以下の項目を主に確認し、優れたパフォーマンスが継続可能なファンドかどうかや、お客さまにふさわしいファンドかどうかを分析しています。